金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第19回)にて当社活動を取り上げていただきました

平成31年2月19日(火)9時30分~12時00分に開催された 金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第19回)にて、京都府立医科大学大学院医学研究科教授
一般社団法人日本意思決定支援推進機構理事 成本 迅先生より弊社活動をご紹介いただきました。

資料5 成本教授提出資料 40ページ目

資料タイトルは、「高齢者の自律的な経済活動継続への課題~医学的視点から~」です。

2012年の調査では、認知症患者数 462万人、軽度認知障害 400万人となっており、社会課題となっております。

資料5 成本教授提出資料 2ページ目

今後、認知症の早期発見や高齢者支援の観点から、さまざまな支援、方策などが検討されており、その中の1つとして当社の御用聞きAIが取り上げられました。

生活元気度チェックのご案内

当社のスマートフォンアプリ 御用聞きAIでは、高齢者生活支援機能の1つとして、生活元気度チェックをリリースしております。詳しくは下記を御覧ください。

京都府立医科大学共同研究成果 「御用聞きAI 生活元気度チェック」正式リリースのお知らせ

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、
生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」
開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題を
ビジネスで解決することを目標として活動しています。

参考情報

京都府立医科大学大学院 医学研究科 精神機能病態学|教室の概要