実証実験

投稿

買い物難民対策自治体事例「京都府南山城村実証実験」レポート無料公開開始

株式会社エルブズは、買い物難民対策として、京都唯一の村 南山城村で行ってきた実証実験レポートの無料公開を開始いたしました。
今回公開した内容は、第一回〜第三回の実証実験です。

  • 第一回実証実験(情報伝達実験)
  • 第二回実証実験(業務遂行実験)
  • 第三回実証実験(機能拡張実験)

実証実験を通して、様々な知見を得ることができました。第一回実証実験では下記のような結果を得られています。

  • 高齢者であっても、タブレット端末・アプリケーションを利用できた
  • 遠隔地にいる参加者同士でコミュニケーションをとることができた
  • 旅行先にタブレット端末を携帯した参加者もいた
  • 音声認識は、訛りの影響などからうまく機能しなかった

みなみやましろ村民百貨店「ごようききねっと」システム構築事業調査報告書〜買い物難民対策手法実証実験〜

みなみやましろ村民百貨店「ごようききねっと」システム構築事業調査報告書〜買い物難民対策手法実証実験〜


レポートは無料でダウンロードできますので、ぜひこの機会にご覧ください。

買い物難民対策アプリ

エルブズが実証実験に使用したスマホアプリ「御用聞きAI」は、Android版、iOS版を正式にリリースしております。
‎「御用聞きAI」をApp Storeで
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生- – Google Play のアプリ

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

買い物難民対策への取り組み

南山城村と株式会社エルブズは、2016年3月より地域連携協定を締結し、買い物難民をアプリで改善するための取り組みとして、生活支援対話システムの開発及び実証実験を重ねて参りました。

地域連携協定締結

地域連携協定締結


高齢者へのインタビューの様子

高齢者へのインタビューの様子


また、2017年度からは、御用聞きAI β版を活用し、買い物弱者対策としてエルブズコインを利活用した実証実験なども行ってまいりました。
株式会社エルブズでは、これらの実証実験を通して、2018年4月4日に高齢者生活支援対話システム「御用聞きAI」及び「エルブズアップス」として広くサービスを開始いたしました。

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。

株式会社エルブズ ロゴ

株式会社エルブズ ロゴ


株式会社エルブズホームページ
https://elvez.co.jp/

買い物難民対策、交通難民対策サービス

エルブズでは、スマートフォンアプリ「御用聞きAI」を用いて、京都府南山城村地域を中心に買い物難民対策、交通難民対策などの実証実験を行い、高齢者生活支援対話システム「御用聞きAI」&「エルブズ アップス」をリリースしました。
御用聞きAIは下記ページからダウンロードが可能です。
タップで簡単、誰でも使えるAIアプリ 御用聞きAI

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

避難所・防災に関する情報をお寄せください

elvez.jp


エルブズでは自治体情報を提供するポータルサイトを運営しています。避難所などの地域情報や自治体の統計データなどを公開いただけます。
自治体を探すならエルブズ

参考情報

経済産業省 買い物難民 定義

経済産業省の定義によれば「流通機能や交通網の弱体化とともに、食料品等の日常の買物が困難な状況に置かれている人々」を指し、農林水産省の食料品アクセス困難人口」の定義は、「店舗まで500m以上かつ自動車利用困難な65歳以上高齢者を指します。店舗は、食肉、鮮魚、野菜・果実小売業、百貨店、総合スーパー、食料品スーパー、コンビニエンスストアが含まれます。」としています。
平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業 (買物弱者・フードデザート問題等の現状及び今後の対策のあり方に関する調査):経済産業省

買い物弱者(買い物難民)応援マニュアル

経済産業省では、先進事例とその工夫のポイントをまとめた「買い物弱者(買物難民)応援マニュアル」を公開しております。2018年9月12日時点の最新版は、ver3.0となります。
買物弱者応援マニュアル ver3.0:経済産業省

読売新聞で紹介されました

2017年6月8日(木)の読売新聞にて、弊社が取り組む過疎地高齢者向け実証実験をご紹介いただきました。
読売新聞社様サイトには、ご掲載いただいていないようですので、スナップショットを掲載いたします。

テレビ東京系列 ワールドビジネスサテライトで紹介されました

2017年5月17日(水)放送のテレビ東京系列 ワールドビジネスサテライトにて、弊社が取り組む過疎地高齢者向け実証実験の様子が、放送されました。
さらに読む

広域バス実証運行のお知らせ

株式会社エルブズでは、京都府建設交通部交通政策課様と協定を締結し、弊社「御用聞きAI®」をご提供、三町村を結ぶ広域バス実証運行に御協力をいたします。
http://www.pref.kyoto.jp/kotsu/news/kouikibus.html
平成29年1月18日(水)〜31日(火)まで、地域住民の皆様に向けて無料で広域バスがご利用になれる実証実験となります。
詳しくは、下記チラシをご覧ください。

HAI シンポジウム 2016にて弊社冨永が発表を行いました

HAIシンポジウム2016
http://hai-conference.net/symp2016/
にて、弊社冨永が
「三河屋さん: 選択式対話を⽤いた⾼齢者向け御⽤聞きエージェントの開発」
というタイトルで発表を行いました。当該発表においては、大阪大学石黒研究室との共同研究の成果 および 京都府 南山城村における実証実験の結果などが含まれております。
PDFは、以下からダウンロード可能です。
HAIシンポジウム プログラム
「三河屋さん: 選択式対話を⽤いた⾼齢者向け御⽤聞きエージェントの開発」発表概要
 

大阪大学 石黒研究室と、TIS、エルブズが、「AIと人の対話シナリオに関する研究」を開始 ~ 対話処理と自然言語処理の研究を融合し、高齢者向けサービスなどへの応用を目指す ~

News Release
報道関係者各位
2016年7月29日

国立大学法人大阪大学
TIS株式会社
株式会社エルブズ

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)と、TISが出資している株式会社エルブズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中秀樹、以下 エルブズ)は、大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻 知能ロボット学研究室(以下 石黒研究室)と、AI(人工知能)と人の対話シナリオに関する研究を共同で開始したことを発表します。
今回の共同研究では、石黒研究室の得意分野であるヒューマンロボットインタラクション(人間とロボットやエージェントにおける相互作用技術)の研究実績と、TISの戦略技術センターで実施してきた自然言語処理の研究実績および実装技術を組み合わせ、エルブズが開発を進めている「社会性エージェント(Agents of Socialization)」技術※1を活用した高齢者向けコミュニケーションツールのプロトタイプを作成します。
共同研究では、このプロトタイプを使用して「人間がロボットやエージェントと社会環境を含めどのように係っていけるか」や「ロボットやエージェントとコミュニケーションを円滑に行えるか」の検証を行います。さらに、その研究成果を、エルブズの高齢者向けコミュニケーションツールの実証実験に活用し、利用者の生の声をフィードバックさせることで、より完成度の高い「社会性エージェント」の実現を目指します。
TISでは、ロボットやエージェントと人間の役割を明確にして相互に作用しあう係り方が今後のAI活用の重要な要素であり、様々なエンタープライズシステムとAIを連携させる際には、今回の共同研究の成果が活用できると考えています。今回の石黒研究室との共同研究で、「ロボットやエージェントとの役割」をより明確にすることで、効果的なAIとエンタープライズシステムの連携を目指します。
※1「Agents of Socialization(社会性エージェント)」技術:AIが社会に存在する具体的なアクターの代理人(エージェント)として、利用者と対話を行う基盤技術。IoTや機械学習、自然言語処理といったさまざまな要素技術を包含している

同研究概要

研究題目

「仮想エージェントが対話を通じて人とコミュニケーションを行うことにより社会性を獲得する要件と手法に関連する研究」

研究目的

基礎自治体における物流、厚生などの住民サービスをより快適に、かつ、より効率的にするプラットフォームを提供するために、仮想エージェントが人に代わって利用者に認知され、対話と前捌きを行うことに関連する技術知見を獲得する。

研究期間:2016年6月~2017年3月

 
haidai1

<共同研究の相関図>

haidai2

<共同研究プロトタイプとエルブズ構築アプリのα版画面イメージ>

 

大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻 知能ロボット学研究室について

石黒研究室では、未来の人間社会を支える知的システムの実現を目指し、センサ工学、ロボット工学、人工知能、認知科学を基礎として、知覚情報基盤・知能ロボット情報基盤の研究開発、とこれらに基づき、人間と豊かにかかわる人間型ロボットを創成する研究に取り組んでいます。

代表的な取組研究

  • 人間と豊かにかかわる人間型ロボットの創成
  • 知覚情報基盤・知能ロボット基盤
  • ロボットによる人間理解
  • 人と関わるロボットの社会実験
  • ヒューマンロボットインタラクション

詳細は以下をご参照下さい。
http://www.irl.sys.es.osaka-u.ac.jp/

TIS株式会社について

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。
詳細は以下をご参照ください。
https://www.tis.co.jp/
 

株式会社エルブズについて

エルブズは、「社会性を持つAIで幸せを提供する」をビジョンとして掲げ、今後急速に増加する高齢者に寄り添うコミュニケーションサービスの提供を目指しているスタートアップ企業です。ベンチャー企業の革新性やネットワークと、システム・インテグレータの総合力とを融合したビジネス展開を行っています。
詳細は以下をご参照ください。
https://elvez.co.jp
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp
株式会社エルブズ 田中秀樹
TEL:070-5369-8311 E-mail:info@elvez.jp
大阪大学 基礎工学研究科 小川浩平
TEL: 06-6850-6792 E-mail:ogawa@irl.sys.es.osaka-u.ac.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 戦略技術センター 石橋
TEL:03-5337-4578 E-mail:ai-robotics@ml.tis.co.jp
株式会社エルブズ 田中秀樹
TEL:070-5369-8311 E-mail:info@elvez.jp
大阪大学 基礎工学研究科 小川浩平
TEL: 06-6850-6792 E-mail:ogawa@irl.sys.es.osaka-u.ac.jp

京都府南山城村地域で高齢者向けAI活用の調査・実証実験を実施 ~ 「御用聞きAI」アプリのプロトタイプを使い、実用性を評価 ~

人工知能(以下AI)を活用したビジネスを行うスタートアップ企業である株式会社エルブズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中秀樹、以下 エルブズ)は、京都府最南端にある京都府相楽郡南山城村地域(以下、南山城村地域)において、高齢者向けの「御用聞きAI」チャットアプリケーションのプロトタイプの実用化を目的とした、事前調査及び実証実験を行うことを発表します。
エルブズは、「社会性を持つAIで幸せを提供する」をビジョンとして掲げ、大学などと連携し「Agents of Socialization(社会性エージェント)」技術※1を開発、高齢者向けコミュニケーションツール「ケアエージェントサービス」の実用化を目指しています。「ケアエージェントサービス」には、AIとの対話を行うチャットアプリケーションも内包されており、利用者のニーズ把握、状況分析が行えるため、様々な用途に応用可能です。
(※1 「Agents of Socialization(社会性エージェント)」技術:AIが社会に存在する具体的なアクターの代理人(エージェント)として、利用者と対話を行う基盤技術。IoTや機械学習、自然言語処理といったさまざまな要素技術を包含している)
20160705press
 
調査・実証実験に際し、エルブズは、南山城村及び南山城村が100%出資する株式会社南山城(本社:京都府相楽郡南山城村、代表取締役社長:森本健次、以下 (株)南山城)と、南山城村の活性化を目的とした「南山城村地域活性化に関する基本協定書」を締結しました。この協定に基づき、エルブズが提供するケアエージェントサービスを、商店街 ICT 受発注宅配システムの受注受付として活用し、「御用聞きAI」としての実用化を目指します。6月末にエルブズによる事前調査を南山城村地域で行い、プロトタイプのブラッシュアップを行います。その後に8月末、10月末の合計2回、実証実験を約40名程度の村民を対象に行います。
 

背景

南山城村、株式会社南山城、エルブズは、2015年末よりAI活用について議論を開始、2016年2月には、南山城村地域での住民インタビュー調査を実施し、「御用聞きAI」の潜在需要があることを確認しました。当該調査結果をふまえ、今回の実証実験のためのユーザーインターフェイスを検討し、「御用聞きAI」チャットアプリケーションのプロトタイプを作成し、実証実験の準備を進めてきました。
実証実験に際しては、6月28〜30日にエルブズが事前調査を実施、その調査結果をふまえ計画を策定、株式会社南山城が中心となり対象となる利用者を選定し、利用説明会開催などを経て、8月末と、10月末の計2回実施する予定です。
 

20160705press2<エルブズ ケアエージェントサービス 利用者及び管理者画面>

概要と期待する効果

高齢化社会においては、地域包括のケアモデルが重要であると言われています。地域包括ケアモデルは、高齢者を含めた地域の自助、互助、共助で、コミュニティを形成するモデルとして期待されています。一方で、このモデルの実現のためには、専門家不足、リソース不足、予算不足などが指摘されており、その課題解決が急務でした。
 
エルブズでは、本実証実験を通じて、以下の知見を取得し、地域包括ケアモデルが持つ課題を解決することを目指します。
 

  1. チャットアプリケーションによる買物サービスのニーズ調査
  2. 人工知能を用いたバーチャルエージェントによる注文の実現性
  3. 宅配・代引きまでを含めた運用の実現性

 
 

今後の予定

エルブズでは、南山城村地域での実験を皮切りに、北海道地区、関東地区、九州地区などでも、大学、自治体と連携し、実証実験を行う予定です。また、各地域でそれぞれ抱える課題に合わせて実証実験のテーマを策定し、テーマに沿ったケアエージェントサービスの応用例を検討・提供することで、AIの幅広い応用事例の実現を目指します。


 

『株式会社エルブズ』の概要

  1. 社名:      株式会社エルブズ(Elvez,Inc.)
  2. 代表者:     田中 秀樹(代表取締役社長)
  3. 設立年月:    2016年2月26日
  4. 本店所在地:     東京都渋谷区
  5. 主な事業内容:  社会性エージェントサービスの提供、広告、教育、法人向けシステムコンサルティングサービス等

 
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
 
 

【本件に関するお問合わせ先】

◆報道関係からのお問い合わせ先
株式会社エルブズ 担当 田中
TEL:070-5369-8311 E-mail:info@elvez.jp