特許「認証システム、認証サーバ、認証方法及び認証プログラム」が権利化されました

平成29年12月28日に出願しました
特願2018-530636「認証システム、認証サーバ、認証方法及び認証プログラム」
について、下記の通り登録されましたので、ご報告申し上げます。

特許第6447949号
登録日 平成30年12月14日

本特許技術は、Bluetooth LEにおけるpayloadのような少ないデータ領域を利用して認証が行えるものです。電子決済等に応用が可能です。

同日に特許「会話提供装置、会話提供方法及びプログラム」も権利化されましたので是非ご覧ください。

弊社では、今後も、テクノロジーで社会課題を解決すべく、研究開発に取り組んで参ります。

特許「会話提供装置、会話提供方法及びプログラム」が権利化されました

平成29年4月14日に出願しました
特願2017-080890「会話提供装置、会話提供方法及びプログラム」
について、下記の通り登録されましたので、ご報告申し上げます。

特許第6449368号
登録日 平成30年12月14日

本特許技術は、シナリオ辞書を用いて破綻の少ない対話生成を実現しています。
「すべらない話発話機」として、御用聞きAIの自動雑談機能等に活用されています。

弊社では、今後も、テクノロジーで社会課題を解決すべく、研究開発に取り組んで参ります。

年末年始休業のお知らせ

株式会社エルブズでは、以下の期間について年末年始休業とさせていただきます。

2018年12月29日(土)〜2018年1月3日(木)

ご迷惑をお掛けいたしますが、あらかじめご了承ください。

御用聞きAI&エルブズアップスは上記期間も変わらずご登録、ご利用いただけます。

引き続き、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

弊社サービスに関する資料はこちらからご覧いただけます。

資料ダウンロード

自治体様の情報配信に最適 「告知機能」「コミュニティバス停留所情報機能」追加のお知らせ – エルブズアップス

地方創生ポータルサイト エルブズの自治体ページで情報配信できる「告知機能」と「コミュニティバス停留所情報機能」を追加しました。

防災行政情報配信に最適「告知機能」

告知機能を用いると、地方創生ポータルサイト エルブズの自治体ページにて、情報配信することができます。

例えば、防災情報や行政情報、おくやみ情報、地域情報等の情報発信にご活用いただけます。

また防災無線やWebサイトと合わせてご利用いただくことで、より多くの住民の方に防災・行政情報を届けることが可能となります。

告知内容

地方創生ポータルサイト エルブズはモバイルにも対応していますので、幅広く情報配信ができるのが特徴です。さらに、スマートフォンアプリ「御用聞きAI」を用いてAIに告知情報をしゃべらせる機能を準備中です。

告知機能は、エルブズアップス自治体様専用のプロプランでのご提供となります。

高齢者生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」

またエルブズアップスでは、「自治体様及び自治体に準ずる組織の方のみお申込み可能な特別なベーシックプラン」をご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

自治体様及び自治体に準ずる組織の方はこちら

小規模コミュニティバスに最適「コミュニティバス停留所情報機能」

各自治体で運用されている小規模コミュニティバスのバス停情報を表示する「コミュニティバス停留所情報機能」を追加いたしました。

南山城村のバス停情報

バス停情報をクリックすると、地図が表示されます。

南山城村 大河原駅

今後、バスの運行情報を確認できる機能を順次追加していく予定です。

本件に関するお問い合わせ

下記お問い合わせページより、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。


高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。
Android版iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、
生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」
開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題を
ビジネスで解決することを目標として活動しています。

雑談AIが簡単に作れるAI対話機能リリース – エルブズアップス

本日2018年12月13日、エルブズアップスに雑談AIが簡単につくれるAI対話機能を追加いたしました。

シナリオ作成ページにてAI対話のボックスを配置し、AI対話データを選ぶだけで雑談AIが完成します。また、雑談AIの対話データを作成・管理するAI対話管理機能も合わせてリリースいたしました。

AI対話機能・AI対話管理機能は、エンタープライズプラン、プロプランの方のみご利用いただけます。

AI・コーパス作成の問題点を解消した特許技術

AI対話機能とは、AI対話データ(コーパス)を使ったAI対話です。

AI対話のボックスを配置し、AI対話データを選ぶだけで雑談AIが完成

AIの対話には膨大なAI対話データが必要という課題がありました。当社では、AI対話データのデータ量を大幅に減らすことが可能となる技術を開発しました(2018年12月中権利化予定)。

本技術を用いることで、AI対話機能では誰でも簡単に雑談AIを作成することができます。

また、本技術を用いてFAQをAI対話データに利用した実験を行っております。

AI対話データが簡単に作成できるAI対話管理機能

AI対話機能に合わせて、AI対話データを簡単に作成できるAI対話管理機能をリリースしました。

コーパスは複数のショートストーリーからなる

雑談AIのAI対話データは複数のショートストーリーです。AI対話管理機能では、そのショートストーリーを管理・作成する機能となります。

スマフォからでも作成できます

ショートストーリーは、エージェントとユーザの対話で成り立っています。このショートストーリーを複数用意することで、AI対話データを作成します。

本件に関するお問い合わせ

下記お問い合わせページより、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。


高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。
Android版iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、
生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」
開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題を
ビジネスで解決することを目標として活動しています。

当社代表 田中が東京都新サービス創出スクールで講演いたしました

2018年12月 15日 (土)に(公財)東京都中小企業振興公社 本社
東京都産業労働局 秋葉原庁舎にて、代表の田中秀樹が、東京都中小企業振興公社様にお招きいただき、東京都新サービス創出スクールで「新事業とビジネスモデル」をテーマに講演いたしました。

東京都新サービス創出スクールとは

東京都新サービス創出スクールとは、中小企業振興公社が主催しているスクールで、

当スクールにおいて、製造業の方は「モノづくり」から「コトづくり」への転換手法や知識を学び、「サービス化」による新たな価値の創造を目指します。卸・小売業、サービス業の方は既存事業に「新たなサービス」の視点を加え、革新を図り、業務拡大・利益向上を目指します。

を目的としています。

講演依頼

田中、および当社社員への講演のご依頼につきましては、こちらよりお問い合わせください。

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

参考リンク

東京都新サービス創出スクール(PDF)

行政&情報システム 2018年12月号に寄稿記事が掲載されました

一般社団法人 行政情報システム研究所が発行している「行政&情報システム 2018年12月号」に大阪大学石黒研究室とエルブズの共同寄稿記事が掲載されました。

AIがもたらすつながり 市民サービスとしての対話システム

最近では、チャットボットによるFAQなど、行政サービスとして対話システムが導入されることも多くなってきました。エルブズでは、地域コミュニティの希薄化が叫ばれる中で、行政と地域住民に新しいつながりをもたらす対話システムの役割に着目しています。

本記事は、大阪大学とエルブズの研究成果を事例に、対話システムの現状と課題から市民サービスにおける対話システムの価値について解説した内容になっております。ぜひご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

下記お問い合わせページより、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。


高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。
Android版iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、
生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」
開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題を
ビジネスで解決することを目標として活動しています。

買い物弱者にならない、させない未来へ〜課題解決ヒント公開

この度、課題解決ヒント「買い物弱者にならない、させない未来へ」を、「地方創生ポータルサイト エルブズ」にて、無料公開いたしました。

買い物弱者にならない、させない未来へ

  • 買い物弱者を起こさないためにできる5つのこと
  • 若者たちを守るためにできること。将来への備え


ダウンロードはこちら
記事は経済産業省が発表している「平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(買い物弱者・フードデザート問題の現状および今後の対策のあり方に関する調査)」を参考に作成したものです。

地方創生ポータルサイト エルブズとは

エルブズでは全国の自治体情報を一元化して提供するポータルサイトを運営しています。避難所などの防災情報や、各地の郵便局、警察署などに地域情報、ほか自治体の統計データなどを閲覧いただけます。
地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

掲載情報に不備がございましたら、該当ページから「情報修正依頼」のボタンを押していただき、修正内容の送信をお願いいたします。

情報修正依頼ボタン

情報修正依頼ボタン

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。
地方創生をFintechとAIで実現する 株式会社エルブズ

参考情報

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(買い物弱者・フードデザート問題の現状および今後の対策のあり方に関する調査)

地方創生のおカネの実情〜課題解決ヒント公開

この度、課題解決ヒント「地方創生のおカネの実情」を、「地方創生ポータルサイト エルブズ」にて、無料公開いたしました。

地方創生のおカネの実情

  • 地方創生は採算がとれない?
  • コンパクトシティ化の実現にむけてできること


ダウンロードはこちら
記事は経済産業省が発表している「平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(買い物弱者・フードデザート問題の現状および今後の対策のあり方に関する調査)」を参考に作成したものです。

地方創生ポータルサイト エルブズとは

エルブズでは全国の自治体情報を一元化して提供するポータルサイトを運営しています。避難所などの防災情報や、各地の郵便局、警察署などに地域情報、ほか自治体の統計データなどを閲覧いただけます。
地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)

掲載情報に不備がございましたら、該当ページから「情報修正依頼」のボタンを押していただき、修正内容の送信をお願いいたします。

情報修正依頼ボタン

情報修正依頼ボタン

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。
地方創生をFintechとAIで実現する 株式会社エルブズ

参考情報

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(買い物弱者・フードデザート問題の現状および今後の対策のあり方に関す

京都府立医科大学共同研究成果 「御用聞きAI 生活元気度チェック」正式リリースのお知らせ

老年精神医学を専門領域とする京都府立医科大学 教授 成本 迅先生との二年間にわたる共同研究によって開発いたしました、「御用聞きAI 生活元気度チェック(京都府立医科大学成本迅先生 監修)」が、高齢者生活支援対話システム 御用聞きAIにて正式にリリースされました。これにより、御用聞きAIをダウンロードしていただくだけで、簡単に「御用聞きAI 生活元気度チェック」をお試しいただくことが可能となりました。

「御用聞きAI 生活元気度チェック」

「御用聞きAI 生活元気度チェック」

「御用聞きAI 生活元気度チェック」では画面上の選択肢をタップして、御用聞きAIに登場する「京子さん」とのおしゃべりを楽しみながら、年齢とともに現れる心身の衰え(生活機能の低下)をチェックする事ができます。

御用聞きAIに登場する京子さん

ちょっとした空き時間でもチェックが可能となります。ぜひ、お試しください。

使い方

  1. 御用聞きAIをダウンロード
  2. 御用聞きAIを起動し、おはなしタブを選択
  3. 看護師「京子さん」エージェントを呼び出し
  4. 京子さんが、「生活元気度チェック」を開始してくれます

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、
生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」
開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題を
ビジネスで解決することを目標として活動しています。

参考情報

京都府立医科大学 教授 成本 迅先生のご紹介