3月10日 立命館大学 R−GIROシンポジウム「超高齢化社会と人工知能/IoT/サービスロボット」にて、当社代表 田中が講演いたします

2019年3月10日 (日)、立命館大学 大阪いばらきキャンパスにて、代表の田中秀樹が、立命館大学様にお招きいただき、立命館大学 R−GIROシンポジウム「超高齢化社会と人工知能/IoT/サービスロボット」で「Society 5.0 社会実装への挑戦 〜「見守らないやさしさ」御用聞きAI〜」と題し、講演を行います。

立命館大学 R−GIROシンポジウム「超高齢化社会と人工知能/IoT/サービスロボット」概要

日時

2019年3月10日(日)講演会 13:00~17:10 交流会 17:20~18:50

場所

立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟2階ラーニングスタジオ(275・276)
OICキャンパスマップ

講演内容

①Society 5.0 社会実装への挑戦~「見守らないやさしさ」御用聞きAI~
株式会社エルブズ 田中秀樹代表取締役社長
②高齢者活躍の現状・これからの可能性とは
株式会社パソナマスターズ 中田光佐子代表取締役社長
③IoTの介護への導入~高齢者の状態把握や安否確認~ 
株式会社やさしい手 香取幹代表取締役社長
講演終了後、交流会開催

申込

申込フォームから、3月10日シンポジウムの講演会、懇親会(※定員25名)にチェックを入れてお申込みください。

主催

「人工知能(AI)とロボットの人間社会にとっての意味と実装の探求」グループ(リーダー:テクノロジー・マネジメント研究科・青山敦教授)
「次世代人口知能と記号学の国際融合研究拠点」プロジェクト(リーダー:情報理工学部・谷口忠大教授) 
第3期拠点形成型R-GIRO研究プログラム 立命館大学グローバル・イノベーション研究機構

R-GIRO(立命館グローバル・イノベーション研究機構)とは

R-GIROは、このような背景を踏まえ、持続可能な社会形成のために解決せねばならない課題に焦点を絞り、教育・研究を通じて社会貢献していくための組織的な機構です。

設立趣旨 | R-GIROについて | R-GIRO | 立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)

講演依頼

田中、および当社社員への講演のご依頼につきましては、こちらよりお問い合わせください。

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

代表 田中がCSV経営サロンにて講演いたしました

1月 23日 (水)に3×3 Lab Futureにて、代表の田中秀樹が、エコッツェリア協会様にお招きいただき、CSV経営サロン 第4回セミナーで「高齢者向けモバイルアプリ「御用聞きAI」 電子マネー挑戦のワケ」と題して講演いたしました。


CSV(Creating Shared Value)とは、マイケル・ポーター教授らによって提唱された経営戦略の考え方で、日本語では「共有価値の創造」という意味です。

CSV経営サロン | イベント | ECOZZERIA 大手町・丸の内・有楽町 サステイナブルポータル

講演依頼

田中、および当社社員への講演のご依頼につきましては、こちらよりお問い合わせください。

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

エコッツェリア協会について

「エコッツェリア協会」は、「一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会」や「NPO法人大丸有エリアマネジメント協会」の活動を通じて培われたエリア内の企業との協力関係をもとに、2007年5月に設立された一般社団法人です。

エコッツェリアについて | ECOZZERIA 大丸有 サステイナブルポータル

エコッツェリア協会

代表 田中が日本能率協会主催 若手技術者道場にコメンテータとして参加

2019年1月18日(金)にクロスウェーブ梅田にて、代表の田中秀樹が、一般社団法人 日本能率協会様にお招きいただき、若手技術者道場で「事業創造力の養成 最終プレゼン」のコメンテータとして参加いたしました。

若手技術者道場とは、一般社団法人 日本能率協会様が20代後半から30代後半の技術者の方々を対象に強い挑戦意欲と使命感・事業マインドを持った技術者の育成を目的として開催され、のべ120社500名が参加している講習会です。

講演依頼

田中、および当社社員への講演のご依頼につきましては、こちらよりお問い合わせください。

株式会社エルブズについて

株式会社エルブズは、地方創生ポータルサイト エルブズと、生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を開発・提供する企業です。過疎地高齢化という大きな社会課題をビジネスで解決することを目標として活動しています。

御用聞きAIとは

御用聞きAIは地域の生活情報を対話で教えてくれるAIアプリです。

御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-
御用聞きAI -対話で実現する 地方創生-

高齢者の方でもお子様でも、どなたでも簡単にお使いいただけます。

Android版、iOS版とも無料でダウンロードして、すぐにご利用できますので、ぜひお試しください。

御用聞きAIダウンロード

参考リンク

一般社団法人 日本能率協会 公式ホームページ「若手技術者道場」


産経新聞 AIと暮らしに掲載されました

2019年1月9日 産経新聞 朝刊 16面の「AIと暮らし」に弊社活動が紹介されました。

【AIと暮らし】友達になる(下)人によりそい独居の支えにも – 産経ニュース

『社会課題の解決に取り組むAIベンチャー「エルブズ」は、28年、AIとの雑談が楽しめるモバイルアプリ「御用聞きAI」を開発。(中略)会話を重ねるうちに、AIに「あなたって聞き上手よね」と褒められることもある。』と、御用聞きAIをご紹介いただいております。

また、『高齢化率が約45%という京都府南山城村は(中略)「必要な情報を届けやすくするだけでなく、独居の寂しさが紛れるようになれば」(同村担当者)』と、ご活用いただいている自治体様の声も掲載いただいております。

ぜひご覧ください。

2019年 本年もよろしくお願い申し上げます。

新年 あけましておめでとうございます。

昨年は、高齢者生活支援対話システム「御用聞きAI」 & 「エルブズ アップス」を正式リリースさせていただき、たくさんの皆様のお世話になりました。

本年も当社が推進する社会性エージェントが、皆様のお役に立つことを目標にして参ります。

本年も、宜しくお願い申し上げます。